eDiscovery

ディスカバリ支援事業(国際訴訟対策支援事業)

米国民事訴訟では、裁判所での審理の前に、争点を整理するために当事者同士が自らの主張を裏付ける証拠を相互に開示し合う証拠開示手続きを行います。この手続きをディスカバリ(Discovery)と呼びます。

このディスカバリをテクノロジーによって支援するのが「ディスカバリ支援事業」。FRONTEOは、アジア発の総合ディスカバリベンダーとして、数多くのアジア企業に向けたディスカバリ支援実績を持っています。近年は電子メールや電子ファイルなど、業務関連資料の電子化が急速に進んでおり、電子証拠開示をeディスカバリと呼ぶことが増えています。

ワンストップソリューション

アジア発のディスカバリベンダーとして情報の特定、保全・収集から開示情報の作成まで、ディスカバリの全工程を一貫してサポートするワンストップソリューションで付加価値の高いサービスを提供しています。

ビッグデータ解析専用ラボ

国内最大級、世界トップクラスのセキュリティと技術を提供するeディスカバリ専用ラボ「DOC (Discovery Operation Center)」。

PRODUCTS

機能

FRONTEOの豊富な国際訴訟支援で培ってきた知見とノウハウをベースに独自開発したeディスカバリ支援システム「Lit i View E-DISCOVERY(リット・アイ・ビュー イーディスカバリ)」は、人工知能応用技術や行動情報科学の知見を基に、高精度の情報開示を圧倒的な効率で実現しています。eディスカバリの世界標準であるEDRM(Electronic Discovery Reference Model)に準拠し、統一データベースを用い、データ収集、弁護士の閲覧から開示対象文書の作成に至るまでを、1つのシステムで実行することができます。

英語はもとよりアジア言語(日本語、中国語、韓国語)にも対応し、これらの言語のデータを正確に解析します。

また、人工知能を応用した技術「Predictive Coding」によって、スピーディかつ正確に重要な情報を発見します。1時間あたりの文書レビュー数に換算すると、人による調査の約4,000倍のスピードに相当します。

機能

BIG DATA CASE MANAGERは、ディスカバリの工程で抽出された重要な情報資産を管理し、万一別の訴訟対応が必要となった際にコストと時間を削減して訴訟を有利に展開するためのソリューションです。

BIG DATA CASE MANAGERが企業の大切なデータを保管することにより、訴訟というリスクに遭遇しても、その被害を最小限に抑え、被害状況を早期に掌握することが可能になります。

事業概要のコンテンツ一覧