Behavior Informatics Software Sales

ソフトウェアセールス事業

2014年に発表した「Lit i View EMAIL AUDITOR(リット・アイ・ビュー イーメール・オーディター)」を専門に販売する部署を2015年に立ち上げ、現在顧客の拡大、組織の強化を図っているのがソフトウェアセールス事業です。

PRODUCT

特徴

従来のEメール監査ツールは、キーワード検索をベースとした監査対象メールの抽出を行うため、膨大な量のメール監査が必要となり、調査作業に多くの時間とコストがかかっています。Lit i View EMAIL AUDITORは、人工知能応用技術を用いて監査官の調査手法を学習し、自動かつ正確に監査対象のメールを抽出します。これによって、監査官は抽出されたメールの調査だけに専念することができ、調査作業時間とコストの削減を実現します。

機能
人工知能応用技術によるフィルタリング

長年に亘る豊富な国際訴訟支援の実績と、そこで培った膨大なデータの解析・研究の成果から、監査官の調査手法を学習し、自動で関連メールを抽出することが可能な「人工知能応用技術」の開発に成功しました。
キーワードベースの抽出方法にはない、高精度な自動抽出が可能に。

自動学習

監査におけるメール抽出設定は、日々のメンテナンスが重要。「Lit i View EMAIL AUDITOR」の自動学習機能は、監査を行ったメールへチェックを行えば、プログラムが自動的に関連データとして取り込み、抽出精度を向上させることが可能になります。

行動情報科学

文章を言語の品詞レベルまで分解し、対象者間でどのような言葉を、どのような組み合わせで使用しているかを分析する機能を搭載しています。 さらに個人単位だけでなく、組織単位も含めた2層の相関性分析機能により、組織間交流関係内でのキーパーソンの特定、隠された個人、企業間での交流を分析することが可能です。

事業概要のコンテンツ一覧