研究所員紹介 浅野 五大

FRONTEOのテクニカルサポートは、
製品開発に直結している。

テクニカルサポートチーム
行動情報科学研究所 主任

浅野 五大

日本の役に立ちたいからFRONTEOを選んだ。

私には日本企業のグローバル化に貢献できる、「国際派ITエンジニア」になるという夢があります。それは、日本という国は世界的に最高峰の技術を持ちながら、国際的な場面でのやり取りや折衝において、その対応力の弱さからまだまだ不利な戦いを強いられていると感じていたためです。このような状況を切り開く事が出来るエンジニアになりたいと考え、これまでスキルを磨いてきました。
そのため、FRONTEOの事業内容を知った時は、これだ!と思いました。日本のために戦っているというFRONTEOの姿勢に強く共鳴したのです。
大学卒業後、IT関連企業を数社経験し、様々な業務に携わる事が出来たため、幅広い技術を身に付けることができました。前々職ではシンガポールやマレーシアに長期駐在し、日本その他に点在していたサポート拠点を統合。前職ではデータセンター間のサーバ移設をプロジェクトマネージャーとして管理。そしてついに自分の夢を実現できる会社に出会え、日本企業の国際化に貢献できていることを日々実感しています。

自主的に課題を見つけ、解決できる。

業務の進める中で、従来のメールベースでの質疑応答のやり取りに効率の悪さを感じたため、オペレーションのテンプレート化を進めました。これにより情報がフォーマット化され、より確実で無駄のないコミュニケーションが可能になりました。さらにプロジェクト管理ツールを導入し、問題や状況の見える化に取り組んでいます。各案件の状況を部署間でリアルタイムに共有できるようになり、お客様への対応力が向上しています。これらは私の意見から実現したことなのですが、このように自分でやろうと考えた事をどんどん具現化させてもらえるのがFRONTEOの特徴です。もちろんすべてが採用されるわけではありませんが、驚くほど自分に任せてくれるし、自分のアイデアや発言に耳を傾けてくれます。そしてそれが会社の成長につながっていると実感できるのです。

自分たちで考え、組織機能の強化を推進。

現在の仕事内容は大きく分けて2つあります。1つ目はテクニカルサポートの強化です。トラブルに対処し解決していくという従来の業務だけでなく、これからのテクニカルサポートは、問い合わせ内容や利用状況などを分析して新しい価値を生み出す、受け身から攻めの姿勢に変えていきます。
2つ目は顧客対応の強化です。案件を承っているお客様に対するレポートとコンサルティング機能を高めていきます。これらも、特に指示があったのではなく、テクニカルサポートチームで自主的に進めている事です。

自分の仕事が、次々と製品に反映されていく。

FRONTEOにおいてテクニカルサポートは製品開発に直結しています。発生した問題点、問合せ内容、またその傾向および分析結果を都度報告しています。これが毎月リリースされるLit i Viewの新機能や機能改善に反映されます。自分の仕事が製品に生かされていくのを日々体験できるのでモチベーションが違いますね。
グローバルに活躍したい。英語力を生かしたい。そしてそれを日本企業のために生かしたい。そんな人にFRONTEOはおすすめです。この会社にしかできないことがあります。

研究開発のコンテンツ一覧