グローバルマーケットにおける腐敗リスクの嵐を乗り切るために~日本企業が近時の取締り状況から学べることとは~

Covington & Burling LLP / 株式会社FRONTEO 共催

開催日
  • 04.11

TOKYO

Seminar

2018

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2018年04月11日(水)15:00~18:00 (14:30より受付開始)

会場

品川インターシティ貸会議室 会議室 1+2

定員 80名
受講料 無料
対象 法務、知財、コンプライアンス部門、 国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

15:00 ~ 15:30 人工知能を活用した不正防止ソリューション
  ~メール監査による贈収賄検知~
    株式会社FRONTEO
        ビジネスソリューション本部 畠山 薫
15:30 ~ 18:00

グローバルマーケットにおける腐敗リスクの嵐を乗り切るために
  ~日本企業が近時の取締り状況から学べることとは~
    コビントン・バーリング法律事務所
        Eric Carlson(エリック・カールソン)弁護士
        森永 一郎 弁護士


※ 16:30から30分のコーヒーブレイクを予定しております
※ 本セミナーではCLEクレジット(ニューヨーク州、カリフォルニア州)の取得が可能です
※ 英語の講演に関して通訳はございませんが、適宜日本語での要約がございます

講演概要

世界各国の政府による腐敗行為に対する調査・訴追はますます活発になっており、政府間の情報共有のための連携も強化されてきています。現地の従業員の違反行為によって、企業が法的リスクやレピュテーションリスクを負う場面が増えています。
 
企業は、このような状況下でどのように対応すべきか、どのような社内規程や手続を活用できるか、また、有事の際の調査や再発防止措置構築のためのベストプラクティスとは何か。このセミナーでは、米国、欧州、中国における近時の取締り状況と、日本企業がリスクを軽減するためのベストプラクティスについて御説明します。
 
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

スピーカー紹介

コビントン・バーリング法律事務所(Covington & Burling LLP)

1919年に米国首都ワシントンで設立され、現在世界12か所に拠点を持つ。国際的に著名且つ専門性の高い1,000人超の弁護士を擁し、卓越した法律及び戦略的なアドバイスを提供するその対応能力は極めて高い評価を受けている。政府高官経験者を100人以上有しており、会社法、訴訟、捜査の分野に精通するだけでなく、政策及び政策立案者に関するその深い見識と、規制に関する包括的なアドバイスの質の高さには世界的に定評がある。
 
コビントンは、40年以上にわたり、非常に難易度の高い腐敗防止コンプライアンスの問題に関する助言や、効果的なコンプライアンスポリシーやプログラムの策定・実施をサポートしてきた経験を有する。コビントンは、元米国司法長官、3名の元米国司法省刑事局長、その他多くの元上級検事を擁しており、取締りが厳しさを増す昨今の環境下でクライアントを安全に導く比類なき専門性を有する。コビントンの弁護士は、ブラジル、中国、東欧、ドイツ、インド、インドネシア、日本、メキシコ、中東、ロシア、韓国、英国を含む世界中の多くの国々における案件を取り扱っている。コビントンの腐敗防止プラクティスチームは、主要な法域における規制と執行の状況に係る深い見識と、約25もの異なる言語により聴取を実施する能力をもって、様々な業界のクライアントに対して、リスク評価やグローバルな腐敗防止プログラムの策定を行っている。
 
コビントンでは、数多くの日本の企業、業界団体、政府機関をクライアントとしてきた日本関係の経験が豊富な弁護士やその他の専門家が様々な案件を取り扱っており、日本担当部を通じて日本との関係を更に深め、より的確なニーズ対応ができるよう努めている。

  • Eric Carlson(エリック・カールソン)弁護士

    エリック・カールソン弁護士は、コビントン・バーリング法律事務所の上海オフィスを拠点とするパートナーで、中国やその他のアジアの国・地域において事業を展開するクライアントに対し、米国海外腐敗行為防止法(FCPA)を含む様々な腐敗防止法に関するアドバイスを提供している。
     
    カールソン弁護士は、中国やその他のアジアの国・地域における多国籍企業を対象とした極めてセンシティブな腐敗防止・FCPA調査案件、特に、法的、政治的、レピュテーション上のリスクが複雑に絡み合う調査案件の主導に豊富な経験を有する。
     
    カールソン弁護士はまた、検討中の取引が抱える腐敗リスクに関する助言、M&Aやジョイント・ベンチャー案件における腐敗防止関連のデュー・ディリジェンスの実施、企業内の腐敗防止コンプライアンスプログラムのアップデートや強化、アジア地域特有の事情に合わせたカスタマイズ化に関するサポート、企業のニーズに即したコンプライアンス研修の中国語及び英語での提供といった業務も行っている。
     
    カールソン弁護士は、日本企業を含め、世界中のあらゆる主要な業界の企業・団体にアドバイスを提供している。カールソン弁護士は、英語だけでなく、北京語や広東語も堪能で、中国の22省での300件以上に及ぶ証人聴取や多くの研修を始めとして、これまで膨大な数の証人聴取を主導し、数多くの研修を行った実績を有している。

  • 森永 一郎 弁護士

    ワシントンを拠点とする企業法務を専門とする上級弁護士(オブ・カウンセル)で、日本担当部の部長。日本をはじめ様々な国・地域を頻繁に訪れ、日本企業及び日本でビジネスを行っている外国企業に、M&A、企業取引、ガバナンス、コンプライアンス等をはじめとする様々な分野に及ぶアドバイスを提供。グローバルバンカーとしての経歴を活かし、法務アドバイスに元ビジネスマンならではの視点を取り込んでいる。日英バイリンガル、且つ、日米両文化に精通する弁護士として、多様なバックグラウンドを持つクライアントに、異なるビジネス文化や規範の中で適切且つ実践的なアドバイスを提供している。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や知財訴訟、米国海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する行動情報データ解析企業。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら