激動するコンプライアンス~相次ぐ企業不祥事を防ぐために~<大阪開催>

株式会社FRONTEO主催

開催日
  • 09.11

OSAKA

Seminar

2018

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2018年09月11日(火)14:00~17:00 (13:30より受付開始)

会場

第二吉本ビルディング 8階 会議室B

定員 30名
受講料 無料
対象 コンプライアンス、法務、知財部門、 国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

14:00 ~ 14:30

AI(人工知能)を活用したデジタル・フォレンジックについて
   株式会社FRONTEO 石川 秀一

14:30 ~ 17:00 激動するコンプライアンス
      ~相次ぐ企業不祥事を防ぐために~
   長島・大野・常松法律事務所
      深水 大輔 弁護士

     (コーヒーブレイク  15:30 ~ 15:50)

講演概要

不正会計やデータ改ざん、品質不正など様々な企業不祥事が相次ぐ昨今、企業を取り巻くコンプライアンス環境は、日々、変化しています。そのような中で、企業において法務・コンプライアンスを担当する皆様を対象として、不祥事予防プリンシプル、日本版司法取引、品質コンプライアンス、「グローバル型」不正調査など、今、企業の法務・コンプライアンス担当者が知っておくべき重要トピックについて概説し、これらを踏まえた企業内におけるコンプライアンスの推進方法等について、公認不正検査士資格を持ち、危機管理・企業不祥事対応、コンプライアンス等数多く手がけていらっしゃる長島・大野・常松法律事務所 深水弁護士にご講演いただきます。
 
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

スピーカー紹介

長島・大野・常松法律事務所

長島・大野・常松法律事務所は、企業活動に伴って発生する法律問題全般にわたって、複数の弁護士が協力して最高の質を有する法的サービスを提供する日本有数の総合法律事務所です。東京、ニューヨークをはじめとする海外オフィスにおよそ400名の弁護士を配し、訴訟・仲裁といった紛争解決から金融、税務、事業再生やM&Aまであらゆるニーズに応え、効率的で質の高い法的サービスを提供しています。

  • 深水 大輔 (ふかみず だいすけ)弁護士

    2008年長島・大野・常松法律事務所入所。 2012年に公認不正検査士資格を取得。2015年には英国King’s College LondonにてEU競争法を学び、その後、Kirkland & Ellis LLPのシカゴオフィスにて、米国独禁法やホワイトカラークライムの分野を中心とした1年間の研修を経て2016年10月帰国。主に、危機管理・企業不祥事対応、コンプライアンス、独禁法、金融レギュレーション等を取り扱っている。
     
    2005年東京都立大学(現 首都大学東京)法学部卒。
    2007年東京大学法科大学院修了。
    2008年長島・大野・常松法律事務所入所 。
    2012年2月公認不正検査士(CFE)資格取得 。
    2015年The Dickson Poon School of Law, King‘s College London(LL.M.)
    2015~2016年Kirkland & Ellis LLP(Chicago)勤務。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や知財訴訟、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)の他、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら