新たな技術やビジネスモデルに対する米国反トラスト法の影響<東京開催>

Jenner & Block LLP / 株式会社FRONTEO 共催

開催日
  • 11.08

TOKYO

Seminar

2018

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2018年11月08日(木)13:30~17:00 (13:00より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り 13階 ルームA

定員 80名
受講料 無料
対象 法務、知的財産、国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30 ~ 14:00

ディスカバリ対応及び平時メール監査におけるコスト削減とクオリティ向上の両立
   株式会社FRONTEO
       リスクコンサルティング部 宇田川 千穂

14:00 ~ 17:00

新たな技術やビジネスモデルに対する米国反トラスト法の影響
   ジェナー&ブロック法律事務所
       リック・ストーン 弁護士
       ブレント・キャズリン 弁護士
       正田 美和 弁護士

   (15:30 ~ 15:45  コーヒーブレイク)



  • ※ ジェナー&ブロックは、カリフォルニア州、イリノイ州最高裁判所MCLE委員会、ニューヨーク州CLE委員会から、  CLE提供者として認められています。本セミナーにより、以下のCLEを取得予定です。  
  •     カリフォルニア州:2.75 Credits (2.75 General, 0 Ethics)
        イリノイ州: 2.50 Credits (2.50 General, 0 Professional Responsibility)
        ニューヨーク州: 3.00 Credits (3.00 Professional Practice, 0 Ethics)
  • ※ 日本語資料 ・ 逐次通訳付

講演概要

近時、米国反トラスト法は、主要な「プラットフォーム」ビジネスモデルや新興技術に対峙してきており、今後も同様の傾向が続く見込みです。今回のセミナーでは、米国において繰り返しトップ弁護士として選出されている弁護士が、このような反トラスト法の最近の傾向について説明します。
 
具体的には、取引・メディアプラットフォーム(AMEX社事件の連邦最高裁の判断等)や、Google・Facebook・Amazon・Uberといった主要なプラットフォームビジネスモデルでの反トラスト法の適用、2018年秋に連邦最高裁での検討が予定されている、ブロックチェーン技術・Appleストア等の新興技術分野での反トラスト法の適用、AT&T/Time Warnerの合併に関するトライアル及び進行中の控訴審による今後の合併への影響、トランプ政権下での規制の優先度、外国法を米国で抗弁として利用することについての連邦最高裁の発表等について説明します。
 
また、FRONTEOからは、弊社サービスについてご紹介致します。
 
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

スピーカー紹介

ジェナー&ブロック法律事務所

(日本プラクティスウェブサイト https://jenner.com/work/japan

ジェナー&ブロックは、シカゴ、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンD.C.に合計約500人の弁護士を有する米国の法律事務所で、1914年の設立以来、第一審から最高裁判所までのあらゆる段階における全米各地の重要な訴訟や仲裁、米国史上に残る数々の著名な調査案件やホワイトカラー案件、様々な種類・規模の会社取引案件等、様々な分野で非常に高く評価されている。
 
チェンバースUSA誌では、毎年数多くのプラクティスグループ及び所属弁護士がトップレベルと評価され、2017年には、27のプラクティスグループが全米及び州におけるトップレベルと評価された。USニュース誌の「ベスト法律事務所」でも毎年非常に高い評価を受けており、2017年には、当事務所の31のプラクティスグループが「Tier 1」(最高レベル)と評価され、アメリカン・ロイヤーズ誌でも、2018年を含め、「Aリスト」(所属弁護士の満足度や多様性等も反映した上で選出される全米トップ20の法律事務所)に繰り返し選出されている。
 
約50年近くに渡り、訴訟、仲裁、調査案件、反トラスト、知的財産、M&A、会社法、取引案件等の様々な分野の案件で、数多くの日本企業を代理してきており、多くの所属弁護士が日本の法律事務所で交換弁護士として活躍した経験を有することに加えて、日米双方で弁護士資格(現在日本では休会中)及び弁護士としての執務経験を有する日本人弁護士が所属しており、日本企業特有のビジネス文化を踏まえながら、米国法制度や米国法実務の中でどのように対応すべきか、数多くの日本企業にアドバイスを提供している。

  • Rick Stone(リック・ストーン)弁護士

    独占禁止法プラクティスグループの代表弁護士の一人であり、独占禁止法、知的財産権、複雑な商事紛争分野における訴訟の第一人者であり、特に、メディア・エンターテインメント業界について豊富な経験を有する。独占禁止法、商標、特許、プライバシー、証券、商業詐欺及び関連するビジネスに関する不法行為訴訟についても経験を有し、数多くの株主、消費者及び独占禁止法クラスアクションに関する事案にも豊富な経験を有する。カリフォルニア・ロイヤー誌「アトーニー・オブ・ザ・イヤー」賞、ハリウッド・リポーター誌「パワー・ロイヤー」全米トップ100、デイリージャーナル誌「エンターテインメント弁護士トップ50」及び「カリフォルニアの弁護士トップ100」、ロー360誌「メディア&エンターテインメントMVP」、チェンバースUSA誌等、全米で非常に高い評価を受けている。

  • Brent Caslin(ブレント・キャズリン)弁護士

    ジェナー&ブロック ロサンゼルスオフィスの創設パートナーの1人。数多くの民事訴訟や刑事訴訟のトライアルで主任弁護士を務め、また、米国内外の仲裁においてもクライアントを代理している。南カリフォルニアスーパーロイヤー誌において「ライジング・スター」にも選ばれ、企業間訴訟弁護士として高く評価されている。Epic v. TCS (9億4000万ドルの陪審評決を獲得)及び Move / NAR v. Zillow (1億3000万ドルの和解)等の米国史上最大規模の営業秘密訴訟で重要な役割を果たしてきた。日本企業を頻繁に代理している。カリフォルニア州弁護士会国際法セクション元会長(2011年から2012年)。森・濱田松本法律事務所の東京オフィスに勤務した経験も有する(2003年から2004年)。

  • 正田 美和 弁護士

    東京大学法学部卒業、東京大学法学政治学研究科修士課程修了。在学中に(旧)司法試験に合格し、2004年から2007年まで日本の森・濱田松本法律事務所で国際的反トラスト案件や国際的知的財産案件を中心とする国際訴訟を取り扱う。2008年にシカゴ大学ロースクールLL.M.修了後、ロサンゼルスで執務を開始。現在は米国屈指のトップ法律事務所であるジェナー&ブロック法律事務所でSpecial Counselを務め、日米双方での法学教育及び弁護士としての経験を生かし、反トラスト、知的財産、会社法、商事訴訟を含む、日本企業が米国で直面する様々な案件において数多くの日本企業を代理している。カリフォルニア州、ニューヨーク州、日本(現在は休会中)の弁護士資格を有する。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や知財訴訟、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する行動情報データ解析企業。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら