Advanced 上級 Registry Analysis

トレーニング開講日程

随時個別でご相談を承ります

「Registry Analysis」では、FRONTEOが今までに経験したフォレンジック調査を元に、フォレンジック調査時に必要なレジストリの知識や解析方法を学びます。

カリキュラム

1日目

  • 1.レジストリ概論
  • 2.レジストリの構造
  • 3.各OSにおけるレジストリの違い
    • Windows 9x系/Windows NT系
    • Windows XP以降のレジストリの違い
  • 4.初期調査におけるレジストリ調査の重要度
    • Windows OSのインストール
    • ユーザー・アカウント
    • 接続機器の接続履歴

2日目

  • 1.各アプリケーションにおける履歴・記録
    • Webブラウザ
    • メールクライアント
    • Instant Messenger
  • 2.暗号化されたキーの解読
  • 各日程とも、9:00~17:00のスケジュールとなります。
  • カリキュラムは変更になる場合がございます。
    お問い合わせの際にご確認ください。

詳細情報

コース対象者
  • コンピューターフォレンジックの基本的な知識を有していること。
  • パーソナルコンピューター(特にWindows)の基本的なオペレーションを理解していること。
  • ITパスポート試験(旧:初級システムアドミニストレータ試験)に合格もしくはそれに相当する知識・技術を有していること。
  • スキルに不安のある方は、事前にDigital Evidence Acquisition等を受講されることをお勧めします。
習得できる知識スキル FRONTEOの実調査経験に基づく、フォレンジック調査時に必要なレジストリの知識や解析方法。
受講料 お問い合わせください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEO トレーニング担当
  • 費用についてはお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578